秋田県潟上市昭和大久保字北野出戸道脇41 018-877-6141

お問い合わせ

スタッフコラムStaff Column

スタッフコラム

  1. 2022/08/25スタッフコラム

    断捨離のスイッチ

    洋服の断捨離を思い立って3年になりますが、やってないですね。

    パンパンの箪笥に心が重くなりますが、見ないフリです。

     

    そんな時、雑誌の中に「古着でワクチン」という広告チラシを見つけました。

     

     ①注文すると、回収キットが自宅に届く。

     ②キットの中の回収袋に不要な衣類等を入れる。

     ③3ヶ月以内に、着払い伝票を貼って発送。

     

    という仕組みです。代金は3980円。

    「お金を払って服を処分するなんて、もったいない」とチラシをゴミ箱に入れかけたのですが、

    3ヶ月以内という期限に、「これだ!」と思いました。

    期限内に何とかしないと、お金がムダになるワケです。

    やらざるを得ない状況に自分を追い込めば、重い腰も上がるだろうと。

    気が変わる前に、即注文しました。

     

    落ち着いてチラシを読んでみると、発展途上国の子供たちにポリオワクチンを贈るという運動の

    ようですね。キットを一つ買った代金で約20人分のワクチンが寄付されて、回収された衣類も

    再利用されるという内容です。

     

    急にスイッチが入りました。キットも届いていないのに・・・

     

    対象になる国は暑い国のようです。

    夏物中心に、Gパンやズボン、Tシャツ、ブラウス等を全て引っぱり出してスタート。サイズが

    合わない物、同じようなデザインの物、しばらく着ていない物、着ては脱いでを繰り返して、

    どんどん選り分けていきます。

     

    残すものをクローゼットに戻すと、だいぶスペースに余裕が出来てスッキリしました。

    捨てる物は捨てて、Tシャツは一度洗濯。たたみジワのある物にはアイロンをかける。

    楽しくなってきました。他にも何か無いかと、あれこれ物色。

    コロナ前はスポーツジムに通っていたのですが、ジム活も再開のメドがつかないし、

    ジャージもいってみるか。

     

    3時間ほどの作業で、成果は衣装ケース2つ。

     

     ①捨てずに手放せる

     ②社会に役立つ

     ③家が片付く

     

    チラシの宣伝文句にまんまと乗せられた気もしますが、気分は良いです。

    先延ばしにしていた面倒事に取り掛かるには、きっかけって必要ですね。

     

    2日後、キットが届きましたが、まだ発送のスイッチが入らないんだよなー。

     

    翠香苑 栄養科S